PROFILE

試合顔写真.jpg

森川琢也  TakuyaMorikawa

空手家

1988年11月28日生まれ

小学6年生から武の道を志し、中学3年生で全国大会を制覇。順天堂大学スポーツ健康科学部に進学しスポーツ科学を学ぶ。その後、2009年にはカラテワールドカップ日本代表に選出され、2度目の選出となる2013年カラテワールドカップで3位入賞を果たす。​現在も日々、武の探究・鍛錬を続けている。

主な大会成績

2007年 ベルギーダイヤモンドカップ GENTLEMEN -70Kg 優勝

2008年 第25回オープントーナメント全日本空手道選手権大会 軽量級 第3位

      第40回全日本空手道選手権大会 無差別級 敢闘賞

2009年 第4回カラテワールドカップ 軽量級 日本代表

2010年 第26回オープントーナメント全日本空手道選手権大会 軽量級 第3位

2012年 第17回全関東空手道選手権大会 軽量級 優勝

2013年 第5回カラテワールドカップ 軽量級 第3位

2016年 2016(春)全日本ウエイト制空手道選手権大会(極真館)中量級 第3位

      2016WKO空手ワールドカップ 中量級 日本代表

2017年 第33回全日本空手道選手権大会(白蓮会館) 中量級 第3位

2018年 JIKA第1回全日本空手道選手権大会 中量級 準優勝

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

 

 

「天水」とは?

天水とは、徳島阿波の方言で「少しめでたくて調子がよく、一つのことに熱中しやすい人」を形容して使われます。何があってもたくましく楽天的に過ごす。目の前のことに熱中してとことん極める。情けがあって優しい。それが阿波の『天水』と呼ばれる人たちです。自分自身のそんな人たちのようになりたいという憧れ。

そして『天』のようにどこまでも高く、どこまでも広く、『水』のように強く柔軟な人間になりたいという想いで、道着の胸に『天水』と刺繍しました。

​この書は書道家である舟蘭先生にそんな想いを込めて書いていただきました。